« 粉粒体の論文(続報) | トップページ | 水漏れ »

2005/06/21

学術文献出版のあり方

CIBERという組織から学術文献出版のあり方についてのアンケートが送られてきた。こういうのはみんなのところに送られているのだろうか?We are writing to you as someone who has recently published a peer-reviewed articleだそうだから、英語で論文書いている人にはみなこういうアンケートが来る可能性があるのだろう。主旨としては、要するにアクセスフリーのオンラインジャーナルに移行すべきかどうか、ということらしい。現在のアンケートの集計はここ(実はここには僕のIDが明記されていて、 僕がどう答えたかも丸見えなんだが、これ以外にはアクセス方法がなさそうなんで)。しかし、 I publish more than I ought toという質問に Strongly disagreeと答えた人がダントツで多いというのは笑える。おまえもそう答えてるだろうって?まあ、僕は最近、ろくに論文書いてないから、こう答えても許されるんじゃないかな?だめでしょうか?

|

« 粉粒体の論文(続報) | トップページ | 水漏れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学術文献出版のあり方:

» Open Access Journal [tag's diary]
ここで紹介した研究がまとまったようだ。詳しい解説はここにあるようだが要するにOp [続きを読む]

受信: 2005/11/02 19:17

« 粉粒体の論文(続報) | トップページ | 水漏れ »