« 多忙な日々 | トップページ | 中央大学 理工学部の授業評価(みんなのキャンパス) »

2005/04/14

カーネルCCA

カーネルCCAだが、有名な(?)論文の例(円と直線)をカーネルCCAで相関させると、確かに直線はでる(kernlabのkccaを使用)。しかし、第1成分だけじゃなくて、第4成分まで「直線」になる。第2から3成分まではもとの座標とは縁もゆかりもないものである。非線型で相関がでるのはいいのだが、ありもしない相関があることになってしまうのは大いに問題ではかなろうか?どうなんだろう。kcca_test

|

« 多忙な日々 | トップページ | 中央大学 理工学部の授業評価(みんなのキャンパス) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーネルCCA:

« 多忙な日々 | トップページ | 中央大学 理工学部の授業評価(みんなのキャンパス) »