« 金子さんの意見 | トップページ | オーパーツ »

2005/03/03

Nature 論文:代謝ネットワークの分類

Nature 2/24 号に
複雑な代謝ネットワークの分類
という論文が掲載されている。ポイントは、ネットワークの結合具合を解析して、強く結合する集合(モジュール)をみつけるアルゴリズムを開発したこと。modularityという概念があり、簡単に言うと、モジュール間の結合が最低になるように、モジュールを定義するのである。これのペナルティ関数を導入してシミュテーテッド・アニーリングでペナルティ関数を最小化してモジュールをみつける、という方法である。まだ、後半のモジュールの生物学的な意味までは読めてないが、こういうのはどうなのかな、という気もする。一方でスケールフリーとか言いながら一方ではモジュールとか言ってるし、両立するのだろうか?よく解りません。

|

« 金子さんの意見 | トップページ | オーパーツ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nature 論文:代謝ネットワークの分類:

« 金子さんの意見 | トップページ | オーパーツ »